2010年01月16日

水俣病一時金、被害者団体と200万円で調整(読売新聞)

 水俣病未認定患者の救済を巡り、被害者救済法の柱となる一時金について、国側が200万円を軸に被害者団体と調整に入ったことが、11日分かった。

 国と被害者団体の交渉に加わっている園田博之・自民党幹事長代理が同日、救済法の受け入れを決めている2団体幹部と熊本県水俣市内で非公式に面談し、国の方針として伝えた。救済を巡っては、主な被害者5団体のうち3団体が救済法を受け入れ、ほかの2団体は裁判で争っている。

 国は政治決着と裁判の和解を同時期に行い、同じ内容で一括救済する方針を示しており、一時金の額は、和解協議にも影響を与えるとみられる。

<出会い系>サクラで詐欺 サイト業者ら11人逮捕(毎日新聞)
新成人2人、成人式受け付けに体当たり(読売新聞)
一遍作「踊念仏和讃」か、15世紀の写本(読売新聞)
<元厚生次官宅襲撃>小泉被告に死刑求刑 さいたま地裁公判(毎日新聞)
新潟の建設会社、工事現場で放射性物質紛失(読売新聞)
posted by Thelma at 07:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。